森の生活 メインビジュアル

森の生活

2019.11.16(土)〜17(日)@あすなろの里 キャンプエリア

about

「森の生活」について

本を読む、火を囲む。音楽を聴く、友と語らう。
めいめいが、自分の時間をみつけていく。
秋も深まる静かな森で、一泊二日のキャンプイベント「森の生活」を開催します。

哲学者H.D.ソローが森の小屋で過ごした、
2年2ヶ月の思考と行動を記した一冊「森の生活」が出版されたのは、1854年のこと。
この本の中に、こんな一節があります。

”私の小屋の中には、三つの椅子がある。
ひとつは、ひとりで過ごすため
ひとつは、友と語らうため
ひとつは、みんなで集まる時のため”

この「三つの椅子」をコンセプトに、本や音楽、食など、さまざまなコンテンツを用意しました。
忙しい毎日から少し離れて、森の中で、自分が好きなものを見つけたり、語り合ったりする時間。

さあ、「森の生活」を楽しみましょう。

contents

コンテンツ

tickets

チケットについて

「森の生活」は、静かな森のキャンプ場で開催する一泊二日のキャンプイベントです。
チケットは、入場券とテントやロッジを利用する宿泊券があります。

  1. 入場券(お一人につき一枚必要)

    ¥3,000

  2. テント券(ひと組につき一枚必要)

    ¥3,000

  3. ロッジ券(ひと組につき一枚必要)

    ¥8,000

  4. グランピングテント券(ひと組につき一枚必要)

    ¥12,000

*日帰り利用(16日限定)を希望される場合も入場券をお求めください。

チケットに含まれるもの

  • 各種コンテンツの利用(アウトドアバー・シェアスタイルバーベキューを除く)
  • キャンプサイトの施設利用
  • 展望風呂(大浴場)の利用
*現地での食事はチケットに含まれません。FOODコンテンツをご利用いただくか、各自でご用意ください。 *会場施設詳細はaccessを参照ください

チケットはPeatixサイトより販売中

チケットを購入する

access

アクセス

水海道あすなろの里

〒303-0045 茨城県常総市大塚戸町310
tel 0297-27-3481 fax 0297-27-2806.

google map

[電車・タクシーで]
関東鉄道常総線小絹駅または水海道駅下車、タクシー約15分
つくばエクスプレス守谷駅下車、タクシー約20分
[お車で]
常磐自動車道谷和原IC~国道294号線経由 約15分
圏央道坂東IC~県道20号線経由 約25分
園内の駐車場をご利用ください(無料)

会場施設のご紹介

  • キャンプ場

    テント泊の方のためのフリーテントサイト。
    設備:屋根付き共同炊事場×2/テーブル・イス付きカマド(野外)×15/200人用キャンプファイヤー場×1

  • ロッジ棟

    5名まで宿泊可能なロッジもご用意。
    備品:テーブル/エアコン/布団5組/洋式トイレ/手洗い用洗面/カマド(野外)
    設備:屋根付き共同炊事場×2/共同トイレ×1

  • 展望風呂

    菅生沼が一望できる幅18mの大きなお風呂は、一度に50人が入浴可能です。
    備品:リンスインシャンプー/ボディソープ(その他の洗面用具はお持込になります)

outline

開催概要

開催日時
2019年11月16日(土)11:00 開始
11月17日(日)11:00 終了
会場
水海道あすなろの里
〒303-0045 茨城県常総市大塚戸町310
主催
日本出版販売株式会社 YOURS BOOK STORE
株式会社Wonder Wanderers

people

「森の生活」をつくる人

主催

「森の生活」はBOOK/OUTDOOR業界で注目を集める企画を打ち出す「YOURS BOOK STORE」(日販)と「Wonder Wanderers」の共催でお送りします。

  • 染谷拓郎

    YOURS BOOK STORE プランニング・ディレクター染谷拓郎

    ブックホテル「箱根本箱」や入場料のある本屋「文喫 六本木」のブックディレクションを行うYOURS BOOK STOREのプランニング・ディレクター。
    https://yoursbookstore.jp/

  • 須藤玲央奈

    Wonder Wanderers 代表須藤玲央奈

    株式会社Wonder Wanderers代表。移動式の旅するアウトドアホテル “The Caravan"を基幹サービスとして、自然の中で味わう非日常体験をプロデュースしている。
    https://wonderwanderers.com/

アートワーク

イラストレーターナガノチサト

雑誌の挿絵を中心に、装丁、WEB、アパレルブランドとのコラボレーション商品デザインなど幅広く活動中。近年ではチーズケーキ専門店のパッケージやラテスタンドの期間限定ラベルのイラストレーションを担当。個展や作品集などの発表も行う。

ticketsチケットを購入する

Music16日19:00- / 17日8:00-

闇夜と火を囲む/朝日が照らす森by笹倉慎介

笹倉慎介

  1. ”闇夜と火を囲む“(16日19:00-)静かな夜、キャンプファイヤーの火を囲みながら。
  2. ”朝日が照らす森“(17日8:00-)朝の時間、鳥の声や風の音とともに。

笹倉慎介さんが夜と朝の生演奏を行い、
静かな森にアコースティックギターが響きます。
同じミュージシャンが、違う時間帯に演奏する表現方法の違いにご注目ください。

笹倉慎介(ささくら・しんすけ)

シンガーソングライター。2008年にアルバム『Rocking Chair Girl』でデビュー。NHK Eテレで放送中の「2355」では、『顕微鏡で覗く世界』『小さな恋の物語』『球だから』等のヴォーカルを担当。これまでに3枚のオリジナルアルバムと、アイリッシュグループJohn John Festivalとの共作や、笹倉慎介 with 森は生きている名義の7インチシングル、季節をテーマにした弾き語りアルバム(TIME STREAMシリーズ)を発表している。2018年4月、7inchシングル「晴耕雨読/南の窓から」の発売を皮切りにソロ活動と並行しバンド’’OLD DAYS TAILOR’’の活動を表明。同年6月には1stアルバム「OLD DAYS TAILOR」を発表。

Book16日11:00-17日11:00

森の百冊絵本by常総市図書館

森の百冊絵本

お子様だけでなく、大人も楽しめるのが絵本です。
森のなかでゆっくり読みたくなる絵本を、
常総市図書館の司書さんにセレクトしていただきました。
懐かしい絵本から、最近刊行された絵本まで、
森の中で読むことで、きっと新たな発見があることでしょう。
また、日中は絵本の読み聞かせも行います。
ぜひご家族でお立ち寄りください。

Book16日14:00-15:00

夜ふかし読書会

夜ふかし読書会

静かで暗い、夜の森。
もう真夜中に近い時間から、読書会をはじめます。
読書会といっても、同じ本を読むのではなく、
めいめいが好きな本を読んでみる。
読書の時間のあとは、
どんな状況でどんな本を、どんな風に読んだのか、
温かい飲み物を飲みながら、
ぽつぽつと語り合う時間を持ちましょう。

とても寒くなりますから、防寒対策はしっかりと。

*読書会に使用する本は各自でご用意ください。

Book16日11:00-17日11:00

本の持ち寄り交換会

本の持ち寄り交換会

ご来場のみなさんにご参加いただきたいのがこの企画です。
お家に、好きな、でももう読まなくなった本はありませんか?

それぞれが、そんな本を持ち寄って、イベント中に交換しましょう。
”本の交換台”にある本は、誰でも持ち帰ることができます。

本だけじゃなくて、気持ちも交換できるような、
そんな時間になればいいなと思います。

Book16日11:00-17日11:00

出張図書館by人文系私設図書館ルチャ・リブロ

出張図書館 by 人文系私設図書館ルチャ・リブロ

奈良県吉野郡東吉野村。
限界集落のこの山村で、私設図書館を開いた夫婦・青木真兵さんと海青子さん。
ふだんは東吉野村でしか味わえない「ルチャ・リブロ」を、
2日間限定、出張バージョンでお楽しみいただきます。

「ルチャ・リブロ」の厳選図書の閲覧はもちろん、
手作りの機関誌『ルッチャ』、
青木夫妻の初めての著書『彼岸の図書館――ぼくたちの「移住」のかたち』(夕書房)など、
関連書籍やグッズの販売も。

人文系私設図書館ルチャ・リブロ

「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」は、図書館、パブリック・スペース、研究センターなどを内包する、大げさにいえば「人文知の拠点」です。蔵書は歴史や文学、思想、サブカルチャーといった人文系の本を中心とし、「役に立つ・立たない」といった議論では揺れ動かない一点を常に意識した空間づくりをしています。話をどんどん先に進めるというよりも、はじまりに立ち戻るような、そしてその始点自体が拠って立つところをも疑問視するような、そんな場所です。大和の山々の奥深く、川の向こうの杉林の先にある小さな古民家で、川のせせらぎを聴きながら、ゆっくり本を読んでみませんか?

青木真兵

青木真兵(あおき・しんぺい)

「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」キュレーター。1983年生まれ。埼玉県浦和市に育つ。古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者。関西大学大学院博士課程後期課程修了。博士(文学)。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」の配信をライフワークにしている。現在は、障害者の就労支援を行いながら、大学等で講師を務めている。奈良県東吉野村在住。
https://lucha-libro.net/

青木海青子

青木海青子(あおき・みあこ)

1985年兵庫県神戸市生まれ。人文系私設図書館ルチャ・リブロ司書。約7年の大学図書館勤務を経て、夫・真兵とともにルチャ・リブロを開設。2016年より図書館を営むかたわら、「Aokimiako」の屋号で刺繍等でアクセサリーや雑貨を製作・販売したり、所々でイラストを描いたりしている。奈良県東吉野村在住。
https://ameblo.jp/cian55555/

Talk16日15:00-

オムライスラヂオ連続公開収録
「書物をめぐる冒険」

オムライスラヂオ連続公開収録「書物をめぐる冒険」

  1. 「彼岸の図書館」(16日15:00-)by「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」青木真兵×青木海青子
  2. 「本とともに暮らす」(16日16:00-)by青木真兵×青木海青子×染谷拓郎(YOURS BOOK STORE)
  3. 「ローカルからユニバーサルへ」(16日17:00-)by青木真兵×青木海青子×白岩英樹(比較文学者)

人口わずか1700人の奈良県東吉野村。大和の山々の奥深く、
川の向こうの杉林の先にある小さな古民家で、
私設図書館を開いた青木真兵さんと海青子さん。
お二人が東吉野村に移り住み、自宅を図書館として開き、
人文地の拠点を築いていくまでの軌跡を追ったはじめての著書
『彼岸の図書館――ぼくたちの「移住」のかたち』(夕書房)の刊行を記念して、
3本連続のトークを開催します。

1850年代に森へ隠遁したソローと、2010年代に森で図書館を開いた青木夫妻。
両者に通じるもの、異なるものとはなにか。
まずはお二人の日常から紐解きます。

2本目のお相手は、今回の企画の立案者、YOURS BOOK STOREの染谷拓郎さん。
本と出合うための本屋、本に囲まれて泊まるホテルなど、
本との新しい暮らし方を提案する染谷さんに、「私設図書館」の可能性を伺います。

締めくくりには、比較文学者の白岩英樹さんをお迎えします。
アメリカ文学における土着性とモダニズムの橋渡しを果たした
作家・シャーウッド・アンダーソンの研究で知られる白岩さんと、
「グローバル」ではない「ユニバーサル」な社会について語り合います。

なお、このトークの模様は青木さんが毎週配信中のインターネットラジオ
「オムライスラヂオ」として収録します。

青木真兵(あおき・しんぺい)

「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」キュレーター。1983年生まれ。埼玉県浦和市に育つ。古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者。関西大学大学院博士課程後期課程修了。博士(文学)。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」の配信をライフワークにしている。現在は、障害者の就労支援を行いながら、大学等で講師を務めている。奈良県東吉野村在住。
https://lucha-libro.net/

青木海青子(あおき・みあこ)

1985年兵庫県神戸市生まれ。人文系私設図書館ルチャ・リブロ司書。約7年の大学図書館勤務を経て、夫・真兵とともにルチャ・リブロを開設。2016年より図書館を営むかたわら、「Aokimiako」の屋号で刺繍等でアクセサリーや雑貨を製作・販売したり、所々でイラストを描いたりしている。奈良県東吉野村在住。
https://ameblo.jp/cian55555/

白岩英樹(しらいわ・ひでき)

1976年、福島県郡山市生まれ。早稲田大学卒業。大阪芸術大学大学院博士課程修了。博士(芸術文化学)。国際医療福祉大学 総合教育センター講師。著書に『シャーウッド・アンダーソン論 他者関係を見つめつづけた作家』(作品社)、訳書に『シャーウッド・アンダーソン全詩集』(作品社)など。

染谷拓郎(そめや・たくろう)

1987年茨城県守谷市生まれ。ブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」のプランニング・ディレクター。今回のイベント「森の生活」の主催者。

Food16日11:00-17日11:00

アウトドア・バー

アウトドア・バー

大自然の中で美酒に酔いしれる夜を。
読書のお供にはもちろん、友人やパートナーとの語らいの片手に、美味しいお酒を。
大自然を堪能できるアウトドアバーの設えと、
種類豊富な飲料で皆さまをお待ちしております。

*ドリンク料金はチケットに含まれておりません。

Food16日16:00-19:00

シェアスタイルバーベキュー

シェアスタイルバーベキュー

せっかく同じ会場にいるので、
よかったら皆さんで一緒に夕食を食べませんか?
BBQ研究家岩井慶太郎さんによる、
新しいスタイルのバーベキューをお楽しみください。

岩井慶太郎(いわい・けいたろう)

自然と会話が生まれ、人と人が繋がるBBQを15年に渡って研究しています。主に法人からの依頼でShare StyleのBBQイベントを開催しコミュニティ作りを支援しています。 毎年1,500人以上とBBQを行う他BBQ場のプロデュースやアドバイザーとしても活動。平日はデロイトトーマツの人事研修を担当する副業ワーカーです。

*シェアスタイルバーベキュー参加は4,000円/一名様となります。
参加チケットはpeatixサイトよりお求めください。